グラミー雑感

グラミー賞ネタをば・・・ここ数年特に毎回荒れてる感があって、ブルーノ・マーズが総なめというのにも、割りと音楽的には肯定的だし「楽しいんだからいいんじゃないの」ってことで済めばいいんだけど、そもそも「グラミー賞ってどうしたら穫れるの?」って答えが無いので厄介なんですよ。
去年は特に「Black Lives Matter」運動を通ってからの「ビヨンセだと思ったらアデルでした」ってので不満噴出で・・・
今年はいわゆる機運の高まりとか去年一年のムーブメントを考えるとケンドリック・ラマーが獲っちゃうってのを常人なら想像してたのでしょうが、カニエ・ウェストかな、エイミー・ワインハウスかなと思わせてからのハービー・ハンコック(2008年)とか、コールドプレイかなアデルかなと思ったら、アリソン・クラウス&ロバート・プラント(2009年)とか過去にも意味不明なセレクションでグラミーは驚かせて来たわけです。

某国技の団体と一緒でやや浮世離れしてる部分があって「社会的な影響力とかメッセージを考えたらどう考えてもケンドリック・ラマーでしょ!」なんていう巷の声は耳に届いてない訳で、そんな感じの微妙な人たちの投票で決まったと思うと無難な感じはします。商業的メジャー性が絶対でもないのが本当に掴み難いですが、何年も見ていると何となく判りますし、あとノミネーション作品との相対的な評価ですね。
前述の明らかにシルバーデモクラシーが勝っちゃった年を考えると多少の集計方法のテコ入れはあるとは思いますが、このシステムの限界だと思いますね。

この記事みたいにBon IverことJustin Vernonさんが「ブルーノ・マーズは反則」的な批判をしてて、まあ言いたいこともは判るんですけどね。それをいい始めたらDuft Punkの年も同じことが言えるんでね。。。

しかし最前列にお呼ばれして一発もかすらずに2年連続返り討ちにあったジェイZとビヨンセ夫妻はほんと気の毒ですね。。。アカデミーといい派手な人が嫌いですよね基本的に、語弊があるけど好かれる立ち位置みたいなのは、ぽわっとあるようで、そこらへんも含めて面倒くさい賞ですが、世の中思い通りにいかないこともあるんだってことですよね。